廃車と保険の還付金についてまとめました

廃車と保険の還付金についてまとめました

車を廃車にするには、自分で行うにせよ、業者に頼むにせよ多少なりともお金がかかります。ですが、ただお金が出ていくだけではありません。人によってはお金が返ってくることがあります。車を運転するためには間違いなく保険に入ることになります。廃車の際、この保険に対して支払った保険料の幾らかが返ってくる可能性があります。この戻ってくるお金のことを還付金というのですが、ちゃんと申請しないと還付金を受け取ることができないため注意しましょう。
まず、車の保険とは大きく分けて二つあります。車を運転するためには加入が義務となっている自賠責保険と、自分の意思で、つまり任意で加入することのできる任意保険があります。
自賠責保険
自賠責保険は自動車を運転するためには必ず入らなければいけない保険です。これは自動車損害賠償保険法とういう法律によって定められており、事故を起こした本人だけではなく、交通事故によって損害を受けた人を救済するための保険なのです。強制的に加入することになり、保険料も必ず支払わなければいけないもののため、車を廃車にすればその翌月以降分の保険料を返してもらうことが可能です。注意が必要なのは、加入や保険金の徴収は強制ですが、廃車を行った際には自動でお金が返却されるわけではないのです。ちゃんと保険会社に申請しなくてはいけないのです。
自賠責保険の還付は、廃車の手続きと一緒に行うことは不可能です。まずその車が廃車になった問うことを証明する必要があるため、廃車したということの証明となる、一時抹消登録証明書もしくは登録事項等証明書が必要となります。これは廃車の手続きを行った陸運局でもらうことができます。自賠責保険の還付金を受け取る為に必要な書類は、上述した一時抹消登録証明書・登録事項等証明書・自動車損害賠償責任保険の証明書・車の所有者の認印・還付金を受け取る為の口座が必要となります。これらを用意したら、保険会社へ連絡をしましょう。自賠責保険の契約は保険会社のため、陸運局で申請をすることはできません。保険会社の窓口へ行くか、担当が家まで来てくれたり、または必要な書類を郵送し
て行えるとこともあるため、まずは保険会社に連絡をしてどのように行えるか確認をとりましょう。自賠責保険の還付金は廃車にした日から受け取れそうですが、それは間違いで正しくは解約の申請を保険会社に行った日からということになります。自賠責保険の還付金は解約した翌月の月から有効期間までの間の分ということになるため、解約した日から有効期間までが一月を切っている場合は還付金が発生しないため注意しましょう。上述したように廃車の手続きを行った後、保険会社の連絡を忘れていて、月をまたいでしまって、残りが一月を切ってしまっていたなんてことにならないよう、廃車の手続きを行ったら、その後間をあけずに保険会社に連絡をいれましょう。

 

 

任意保険

 

任意保険は自賠責保険と異なり義務付けられているものではありません。保険の内容も様々な特約があったりするため、その条件すべてを解除してもいいかどうかを調べてから解約しましょう。解約する日は自分で決めることが出来るため、できれば廃車の手続きが行われる人合わせると良いでしょう。事前に解約する日を決めて置くことを先付け解約と言うのですが、この先付け解約をしておくことで、廃車にした日以降の保険料がかからなくなるため、無駄がなく保険を解約することが可能です。保険金の還付金の額は、保険の契約の内容や、保険料の支払い方によってもことなるので、保険会社に問い合わせることが一番ですが、まとめて支払っている場合には、解約した日以降の分のお金を無駄にすることに
なるので、必ず保険会社に連絡を入れて還付金をもらうようにしましょう。自分から申請しなければ、還付金を受け取ることが出来ないので注意が必要です。

 

以上のように、廃車にした後、ちゃんと税金や保険などの還付を受け取ることが可能なのです。これらの申請は自分から行わないと自動で返却されることはないため、もらえるお金はしっかりと受け取っておきましょう。保険を更新してから日が浅いうちに車を廃車にしていたのならなおさらです。多くの金額を毎年支払っているのですから、しっかりと申請して受け取れる還付金を確実にもらっておかないと損ですよ!